お問い合わせはお気軽に。0120-959-813(フリーコール クイックエイゾー)まで。

「動画撮影なんてムリ」と最初から尻込みされる方も多いかも知れません。しかし心配はご無用。ビジネス動画に必要なのは「分かりやすさ」「企業としての信頼性」です。テレビ番組やCMに求められる要素とはかなり異なります。

ズームやパンニングなどを多用したり、高度な演出を事前に考えたり、といったことは、中小企業の販売促進やマーケティングでは必ずしも必要ありません。また、そうしたことの習熟に時間をかけるべきでもありません。最小限の時間で、売上げの増加というシンプルで最重要な目的を達成することこそが求められます。


いまお手元にあるスマホやタブレット。あるいはお子様の運動会を撮影するために買った家庭用ビデオカメラ。格安の三脚。ビジネス動画を作るための撮影は、こうした道具で充分にこと足ります。何十万円もするプロ用のビデオカメラを買う必要はありません。ほんとうに必要なものは、もっと安価ですが他にあるのです。


どんなものを撮影するかによって、対象を画面の中にどう位置付けたらいいか、はだいたい決まっています。そしてビジネスに使用する動画の種類は限られています。動画撮影は「センス」に関係なく、ほぼ機械的に行うことができるのです。











創業2004年。動画総研株式会社とは。

2004年6月、大阪市でビジネス系動画制作プロダクションとしてスタートした動画総研。
2008年のリーマンショックを機に、制作のみの事業から「動画を使う、というノウハウの導入」を事業にする会社への転換を図り、2013年の「中小企業総合展」出展からその動きを加速します。

そして現在、中堅・中小企業の動画活用導入を支援するためのコンサルティング・研修・セミナーなどを行う「動画導入サポート事業」を中心にビジネス展開をしています。

また、動画販促に加え、動画マニュアル等による社内の知的資産・ノウハウ共有化に関するコンサルティングも事例として増えています。


ビジネス動画のカンタン撮影ノウハウ 購入ボタン