中小企業ができる動画販促。お伝えします。





高額な制作費。使い方も分からない。効果があるのか疑問。これらの懸念がカベになって、「動画」は今までごく少数の限られた企業だけのものでした。
動画総研はそんな状況を眺めながら、日本の大部分を占める中小零細企業にこそ「動画」を使ってほしい、とつねづね考えてきました。


リーマンショックはすべてを変えました。経済環境の激変により、大企業の中からも「もう動画で販売促進をすることはできなくなった」との声が上がり始めます。多くの顧客企業が離れていき、動画制作だけに依存していた当社もまたピンチに陥ります。


それなら、動画を外注しなくても社内で作れる仕組みを提供し、そのことで当社も収益を得るビジネスに転換すればいい。そうすれば企業規模に関係なく「動画」を使うことができます。ある意味、それは当社の既存事業の否定でしたが、その検討と研究開発をこのとき始めたのでした。


自社で動画を作るキットを発表。来場者の方々からの反響はすさまじく、しばらくはその対応に追われましたが「方向性は間違っていない」との確信を得ることができ、われわれは最終的なサービスのかたちを作り込むことにしました。しかし…。


実際にキットを使って動画作成のモニターをして下さった知り合いの経営者の方々から「ややこしい」「難しすぎる」と厳しい意見が続出。そのつどご意見を反映しながら、さらに3年間の試行錯誤が続きました。上記の写真はその死屍累々の一部です。


当初は「シナリオの作成方法」「動画の撮影方法」「動画編集スキル」を一般的に伝えるキットを想定していましたが、モニターの方はみな四苦八苦していました。作業の過程でさまざまな「試行錯誤」が発生し、膨大な時間と手間がモチベーションを著しく低下させていたのです。

内容3 データ編

当社は2004年から動画制作を行い、また当社自身も動画を使って顧客を獲得してきた経験値があります。その知見を生かして各所で動画活用セミナーを行うなど、独自のノウハウがありました。これらを分かりやすくパターン化し、まずはパターンに沿って作成・活用する、というアプローチを行いました。


ご覧になりたいシリーズのボタンをクリックして下さい。


動画総研 代表ご挨拶

ワードやエクセルが使われるのと同じように、動画が日常的に仕事の現場で使われるようになるにはどうしたらいいだろう--。

 

動画総研株式会社は、起業した直後からこのテーマをずっと追い続けてきました。

他のどんなツールよりもダントツの情報量をもち、一瞬にして観る者を説得してしまう強力な媒体。それが動画です。

にもかかわらず、驚くほど少数の場面でしか活用されてきませんでした。

 

それは「動画を作るのが難しいから」。

そして「動画を使うノウハウが知られていないから」。

 

そのことに気づいてから、当社は「動画をいかに安く手に入れられるか」「動画活用ノウハウをどうやって広めるか」を事業にしよう、と決心しました。このDVDレクチャーシリーズもそのひとつです。

 

中小零細企業が、大企業にひけをとらないくらい動画を日常的に使えるようになり、売り上げをどんどん伸ばしていただけたなら、われわれとしてはこれほどうれしいことはありません。

動画活用の促進活動を通じて、皆様のますますのご活躍を祈念しております。

動画総研株式会社 代表取締役

森康裕